NPO法人シーズネットワーク

イベントの告知・活動報告など最新情報をお知らせします

Seeds Letter vol.47 発行

広報紙‘Seeds Letter’vol.47(A4×4ページ)を1/1に発行しました。
多摩市内公共施設(公民館など)に置いてありますので、お立ち寄りになる機会があれば手に取ってみてくださいね。
郵送ご希望の方はメールでご連絡ください。無料でお送りします(継続的に購読いただく場合には‘お知らせメンバー’への登録が必要です)

<vol.47 主な記事>

☆働き方私流:
 地域の子どもたちの記憶に残る体験と景色をつくる
 赤枝医院 院長秘書
 石山弘明さん

☆平成30年 抱負かるた

☆赤ちゃんや幼児がいる家庭の防災啓発プロジェクトABo
 「第9回ボランティアまつり」に出展します  
 「親子で防災プログラム体験〜あそんで防災〜」開催告知  
 「今日からできる!防災収納術」開催報告  
 「防災ワークショップ」報告

☆永山公民館 市民企画講座  
 「エンジョイ!なりたい自分になる〜ガミガミママにさようなら〜」参加者募集

☆地元農家さんとの交流会  
 「古民家のかまど炊きで新米を食べよう!」開催報告

☆「2018たま食育フェスタ in せいせき」に参加します

 

 

 

- : - : 

アボ定例会(12月)

「赤ちゃんや幼児がいる家庭の防災啓発プロジェクトABo(アボ)」

12月定例会を開催しました。

1月27日(土)に開催される第9回ボランティアまつりに出展するため、準備を進めています。
展示や防災ゲームを用意して皆さまのお越しをお待ちしております。今回は景品として、
永どんとのコラボ「ウェットティッシュ」も!とても素敵なできばえなので、お楽しみに〜。

また、来年度の講座についてもいろいろな可能性を検討中です。

2017年もたくさんの方々にお世話になり、感謝でいっぱいです。
ありがとうございました!

2018年もABoをよろしくお願いいたします。  レイチェル

 

- : - : 

親子で楽しむ!防災TERAKOYA

平成29年11月12日(日)10:00〜14:00
場所:小金井公園 サービスセンター前広場
内容:ジャッキアップ体験、防災輪投げクイズ、防災釣りゲーム、いろいろ給水袋体験、
ローリングストック展示、非常用トイレ実験パネル展示

 

4つの市(小金井市・武蔵野市・小平市・西東京市)にまたがった都立小金井公園で行われる親子向けの防災イベントにお招きいただきました。

朝は風が強く、準備の時はちょっと心配しましたが、しばらくすると落ち着いてきてホッとしました。
10時にイベントを開始すると、すぐに親子連れが来てくれました。

シーズが担当するコーナー以外にも、公園スタッフの皆さんが運営するコーナーが4つあり、盛りだくさんの「防災TERAKOYA」。
防災についていろいろ学んでもらえたでしょうか?
楽しんで学ぶ、がアボのポリシーです。

 

かめちゃん

- : - : 

港区総合防災訓練(赤坂会場)に参加

平成29年11月5日(日)9:30〜11:30
場所:港区立赤坂中学校
内容:防災輪投げクイズ、ローリングストック展示、非常用トイレ実験パネル展示


中学校のグラウンドと体育館を使って実施された防災訓練。たくさんの団体がコーナーを設ける中、体育館の1コーナーをシーズが担当させていただきました。

グラウンド横には、さすが赤坂!と思わせる高層ビル。
災害でもし電気が止まったら、水道が止まったら…階段、大変だなぁ、とビルを見上げて、来場してくださった方々に備蓄の必要性をしっかり伝えようと気持ちが引き締まりました。

防災輪投げクイズはお子さんだけでなく、大人の方も参加してくださいました。
輪が入らなくて悔しがり、何度もチャレンジするのは子どもよりも大人だったりして笑い
コーナーは楽しい笑い声や笑顔がいっぱい。楽しみながら学んでいただけて良かったです。

今回のイベントは、主催者側が「赤ちゃんや幼児がいる家庭の参加を増やしたい」と考えていろいろ検討しておられたときに、インターネットでアボの活動を見つけ、声を掛けてくださったそうです。
運営担当の方には「担当3年目で初めてベビーカーでの参加者がありました!」と喜んでいただけました。


かめちゃん

 

- : - : 

ABoの防災講座〜赤ちゃんのいるくらしの中で〜(唐木田児童館)

「赤ちゃんや幼児がいる家庭の防災啓発プロジェクトABo(アボ)」

ABoの防災講座〜赤ちゃんのいるくらしの中で〜


10/10(火)唐木田児童館のご依頼で、防災講座&体験のコーナーを実施してきました。

まず参加者全員に向けて、「なまずさんのあそび歌」や「ダンゴムシのポーズ」を交えながら楽しく防災のお話。

後半はグループに分かれて2つの体験コーナーを回っていただきました。
ひとつは、いろいろな給水袋を持ってみて、重さや使い勝手を実感するコーナー。
もうひとつは、安全な家具配置やを食材の備蓄品について考えるコーナーです。

たくさんの写真でアボメンバーの家での工夫やおすすめのグッズを紹介しています。目で見ることで理解しやすいですね、という声もいただきました。

ローリングストック法!! まだまだ知らない方がいらっしゃいました。
普段から使っている食品で日持ちのするものを多めに常備しておき、使った分を買って補充していくという、循環型の備蓄法です。

農林水産省では、できれば1週間分の備蓄をと推奨しています。
まずは冷蔵庫のものを使い、そのあと備蓄品を使えば、そんなに難しくはないと思いますよ。

1時間という長丁場でしたが、熱心に耳を傾けてくださり、質問もたくさんいただきました。
今後も生活に密着したわかりやすい提案をしていきたいと思います。

かめちゃん

- : - : 

講座「今日からできる?防災収納術」開催しました

「赤ちゃんや幼児がいる家庭の防災啓発プロジェクトABo(アボ)」

講座「今日からできる?防災収納術」10/12(木)・10/19(木)

講師に整理収納アドバイザーの森下園子さんをお迎えし、2回の連続講座を開催しました。

大地震が起きた際に、室内の被害を最低限にとどめる減災収納と防災アイディアについて「今日からできる?」をテーマに、1日目は一週間分の備蓄について、2日目は自宅を安全な場所にするための整理収納についてお話しいただきました。

ご自身が東海地区にお住まいの時は、ママ友同士で防災の話が当たり前だったとか。そんなご経験も踏まえたリアルな内容にみんな興味津々!

まさかの宿題〜?や、グループトーク・シェアの時間もありました。自宅を客観的な視点で見た時の気付きがあったり、いろいろな方のやり方に共感したり、ヒントをもらったり、感心したり…。有意義な時間を過ごせました。

私は「今日中にキッチンの引き出しを整理する!」と宣言しましたが、なぜか洗面所を整理しちゃいました(笑)。
毎日こまめに少しずつ!スッキリ安全な我が家を目指して。

講師の森下さん、ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。


レイチェル

- : - : 

アボ定例会(10月)

2017年10月3日 火曜日
「赤ちゃんや幼児がいる家庭の防災啓発プロジェクトABo(アボ)」定例会を開催しました。

今月は…『防災はじめのいっぽ』や、児童館での講座、アボ企画の『今日からできる!! 防災収納術』2回連続講座など
…何か忙しいアボです。

そんな中…イベント配布用グッズに使用される、永どんのイラストが完成!
そのあまりの可愛さに、疲れがぶっ飛びます。
出来上がりが楽しみです♪

(N)

- : - : 

防災はじめのいっぽ(永山児童館)

「赤ちゃんや幼児がいる家庭の防災啓発プロジェクトABo(アボ)」
防災はじめのいっぽ 10月4日(水)

朝までの雨が上がり、ひんやり空気でしたが、永山児童館の中はたくさんのママと赤ちゃんの熱気でぽかぽか。

防災については「気になりながらも、何から手をつければいいかわからない」にたくさんの手が挙がりました。

私たちがお伝えしたかったのは大きく分けて3つ
ゝ霏臙録未蓮嵒ず来る」という心構え
(30年以内に70%の確率)
⊆宅を安全な場所に
(家具の配置や転倒防止の工夫)
ローリングストック法の活用
(普段食を非常食に)

なまずさんのあそび歌や、ダンゴムシのポーズを一緒にしてくれた方が多くてうれしかったです。

赤ちゃん連れにもかかわらず30分という長丁場、熱心に耳を傾けてくださったママさんたち、ありがとうございました!

終わってから続々とお水・食料・トイレなどについての質問をいただき、個別にお話ししましたが、みんなでシェアできればよかったなーと思いました。質疑応答の時間についても、参加人数や雰囲気によって工夫が必要だと感じました。

今日が防災の「はじめのいっぽ」になったら、うれしいです。


レイチェル

- : - : 

防災はじめのいっぽ(桜が丘児童館)

「赤ちゃんや幼児がいる家庭の防災啓発プロジェクトABo(アボ)」
防災はじめのいっぽ

9月22日(金)桜が丘児童館に伺いました。早朝に雨が降って心配しましたが、実施する頃には止んで一安心。

毎回、多摩市地域防災計画からライフラインの回復目標をお伝えしています。
電気:7日、通信:14日 ガス:60日 上下水道:30日

特にガスの復旧には時間がかかることをお伝えすると驚きの声が上がります。
これから寒い冬に向かいます。カセットコンロは持ってますか?
ひとつ持っていると普段も鍋物やすき焼きなどに使えますし、災害時はお鍋にお湯を沸かしてレトルト食品を温めたりご飯やラーメンなどの調理をしたりと便利ですよ。

農林水産省でも、最低3日分できれば1週間の備蓄を推奨しています。

(かめちゃん)

 

- : - : 

Seeds Letter vol.46 発行

広報紙‘Seeds Letter’vol.46(A4×4ページ)を9/20に発行しました。
多摩市内公共施設(公民館など)に置いてありますので、お立ち寄りになる機会があれば手に取ってみてくださいね。
郵送ご希望の方はメールでご連絡ください。無料でお送りします(継続的に購読いただく場合には‘お知らせメンバー’への登録が必要です)

<vol.46 主な記事>

☆働き方私流:
 今を一生懸命生きるために、今できることをしたい
 多摩市乳がん啓発の会 SAKURA RIBBON代表
 小林有美さん

☆赤ちゃんや幼児がいる家庭の防災啓発プロジェクトABo
 「今日からできる!防災収納術」参加者募集

 「ABoの防災講座〜赤ちゃんのいる暮らしの中で〜」開催告知

 「防災はじめのいっぽ」報告

☆今年も季節限定発売!多摩市産ブルーベリーゼリー「たまっ子ベリー」

☆第3回「八ヶ岳南麓フェア」開催告知

☆地元農家さんとの交流会「古民家のかまど炊きで新米を食べよう!」開催告知

☆シーズネットワークメンバー募集

 

 

- : - : 
<<  2/33P  >>