NPO法人シーズネットワーク

イベントの告知・活動報告など最新情報をお知らせします

<< アボ定例会(8月) : 第壱回災害関連死ゼロサミットに参加しました >>

シーズサロン「不登校・ひきこもり・発達障害についておしゃべりしよう」開催報告

8/2(日)の午後、関戸公民館第一学習室で今年度初めてのシーズサロンを開催しました。

今回のサロンは、アクティブメンバーで「未来コーディネーター」主宰の加藤クミ子さんから、不登校ひきこもりの子どもの母として、ひきこもりの当事者としての体験談を聞いたり、不登校、ひきこもり、発達障害などについておしゃべりしたりする会でした。

コロナ禍ということから、当初はオンライン会議システムZoomを利用したサロンを想定していましたが、参加者から対面参加での希望があったことや、公民館の広い学習室を借りて換気しながら密を避けて開催できる目途がたったことから、対面開催となりました。

参加者は加藤さんを含めて5人。あたたかい雰囲気の中で、それぞれが自身の経験や想い、今困っていることなどを話し、共有しあうことができました。

初めてシーズサロンに参加した方も、「こんなに自分が話せると思わなかった」と元気な笑顔を見せてくれました。

加藤クミ子さんは、保育士・心理カウンセラー・発達支援ファシリテーター・足ツボセルフケア認定講師の資格をお持ちの方。「こんどは足つぼセルフケアも教えてもらいたいね」と、次回のサロンにも期待が集まりました。

 


 

- : - : 

スポンサーサイト

- : - :