NPO法人シーズネットワーク

イベントの告知・活動報告など最新情報をお知らせします

<< ABo定例会(5月) : Seeds Letter vol.57 発行 >>

アボ定例会(6月)

「赤ちゃんや幼児がいる家庭の防災啓発プロジェクトABo(アボ)」

6月9日 定例会を開催しました。
今月も先月に続いてオンライン会議です

メンバーが参加した「災害救助法」についての研修報告あり。オンラインでの研修で、参加者の顔が並んで見られたのはとても新鮮だったとのこと。

研修内容にもあったことですが、今回のこの定例会でも、新型コロナ感染防止を念頭に置いた災害対応が話題になりました。複合災害。これが今年のテーマになっていきそうです。
避難所はどうしても感染リスクが高くなる。避けるためにはどんな工夫があるか。
メンバー同士で様々な場所で仕入れた知恵の出し合いです。自宅で安全に避難できることが理想ですが、そうできない場合もあります。地震の時、水害の時、パンデミックの時は?
色んな状況を想像して備えられるといいですよね。
そこで、このABo定例会のように定期的な防災おしゃべりってとても効果的!?と自画自賛。
もっと多くの人と気軽に話せる場をつくっていきたいね、という話題にもなりました。

私事ですが、、
今回のこの新型コロナ感染拡大状況で気づいたのは、電気も水もガスもガソリンも変わりなく使えるけど平常時ではなくなるという災害状況があるということです。
家で家族がずっと過ごすと、想像以上に日用品消費量が多い! そして、東京の人だけでなく、日本中、世界中の人が同じ状況で同じ商品の需要が高まるということを実感。
備蓄量を考え直しました。

myo
 

- : - : 

スポンサーサイト

- : - :