NPO法人シーズネットワーク

イベントの告知・活動報告など最新情報をお知らせします

<< アボ定例会(10月) : ABoの防災講座(西落合小学童クラブさくら会) >>

「エンジョイ!子どもの「思春期」なんてこわくない」第1回

10/2㈬
永山公民館市民企画講座「エンジョイ!子どもの「思春期」なんてこわくない」第1回開催報告

講師は角田みすゞ先生です。昨年、角田さんを講師でお招きして開催した市民企画講座「エンジョイ! 子どものとのいい関係」の受講者から、「もう少し大きくなった子どもの話も聞きたい」との要望あり、今回の連続講座が実現しました。

今回も定員一杯の申し込みがあり、母、支援者、近所のおばさん、それぞれの立場で思春期の子どもとの関係を学びあうために集まりました。

さて、第1回のテーマは「思春期ってな〜に。どうなってるの?」です。角田先生の穏やかでゆっくりとした口調で、思春期から青年期の変化、この時期に出会うことが話されます。

お話を聞いて考えていると、頭の中は色んな気持ちや考えが行ったり来たりします。今の自分が向き合っている子どものアノ言動、かつて思春期だった自分の言動、自分が親や大人にかつて言われた言葉、忘れていた思い出。
頭の中がぐちゃぐちゃになりそうになりますが、「この時期の生理的影響」「よいイメージの力」「言葉の罠」など、ゆっくりと先生の具体的な言葉を聞いているうちに、冷静に今の大人の自分を取り戻します。
講座後には、どんより暗いイメージの思春期が、半面の明るく新鮮なイメージとしても見えてきたのです。

参加者からも、「柔軟な関係性、家庭で試してみたいと思った」「尊重する、認める、ということを心がけていこう」「息子の変化に優しく向き合おうとおもった」など、自分の行動を変えて試してみようという感想が多数ありました。今後の第2回、第3回講座で、新たにどんな気づきに出会えるか楽しみです。

- : - : 

スポンサーサイト

- : - :