NPO法人シーズネットワーク

イベントの告知・活動報告など最新情報をお知らせします

<< アボ定例会(1月) : 「エンジョイ!子どもとの‘いい関係’」第1回開催報告 >>

「これだけは知っておきたい!災害時の母子支援」に参加しました。

「赤ちゃんや幼児がいる家庭の防災啓発プロジェクトABo(アボ)」

1月28日、 アボメンバー2名で「これだけは知っておきたい!災害時の母子支援」(女性防災ネットワーク東京主催)に参加しました。
会場は御徒町のモンベルサロン。18時半過ぎから始まった学習会は、自治体の関係者、防災活動をしている方など、仕事帰りと思われる人で会場は満席。関心の高さを感じました。
テーマは、災害時の母子医療支援のしくみや赤ちゃんの栄養支援を学ぶこと。乳幼児の栄養救援の国際ガイドラインについても専門家からお話をうかがうことができました。

災害時の乳幼児の栄養を考えるときには、「母乳育児の継続が有効」という情報の拡散やそれに伴った支援が必要。また、災害時に赤ちゃんの命を守るには、家族(特に母乳の点からママ)や医療機関などだけでなく、もっと多くの機関が平常時から連携をとっていることが肝要とのこと。
加えて主催者より、緊急時に最善の判断をするための情報がママやパパ達に届いているのか?との問題提起もあり、いろいろと学べた貴重な時間でした。

私自身は子育てが終わっているので関心が薄れていたことは否めず、現状のお話が聞けたことで、もっと災害時の母子支援のことを学んでおく必要があると実感しました。

<講義1>
国際基準からみた災害時の乳幼児栄養支援のあり方
講師 本郷寛子さん 東京大学大学院医学系研究科国際地域保健学教室客員研究員
<講義2>
災害時の母子医療支援のしくみ”災害時小児周産期リエゾンとは?”
講師 岬美穂さん 国立病院機構災害医療センターDMAT事務局、小児科医師

(ichi)

- : - : 

スポンサーサイト

- : - :