NPO法人シーズネットワーク

イベントの告知・活動報告など最新情報をお知らせします

<< 駒沢学園 健康栄養相談室企画「非常食を美味しく食べよう」 : アボ定例会(9月) >>

災害イツモフォーラム TOKYO

災害イツモフォーラム TOKYO

主催:災害イツモマインドセットプロジェクト実行委員会、朝日新聞社、木楽社、J‐WAVE

9月1日(金)有楽町朝日ホールで開催されたフォーラムに参加してきました。

【第1部】災害イツモマインドセットとは何か?
■講演1.「プチ・ピンチ」体験はたくさんした方がいい
    野口 健 氏(アルピニスト)

■講演2.阪神・淡路大震災、東日本大震災の被災者から学んだ知識や技
    永田 宏和(防災プロデューサー)

【第2部】ピンチに強いワタシになるには?
■パネルディスカッション
《パネリスト》
  永田 宏和 氏(防災プロデューサー/NPO法人プラス・アーツ理事長)
  野口 健 氏(アルピニスト)
  黒川 由紀子 氏(臨床心理学者)
  小林 惠智 氏(NPO法人ヒューマンサイエンス研究所理事長)
《進行》
  レイチェル・チャン 氏(J−WAVE ナビゲーター)

【第3部】被災体験から学んだ自宅快適避難グッズのススメ
■講演.永田 宏和 氏

フォーラムの中で、一番印象に残ったのは、野口さんのお話。

子ども達に自然体験塾で山登りやカヤックなどの体験をしてもらう活動をしているそうですが、危機に対して、咄嗟の反応ができず、フリーズしてしまう子ども達を多く見かけるそうです。
それでは、自分で危機を回避することはできません。
小さい頃から「プチ・ピンチ」の体験を積み重ねることで、咄嗟の対応能力がついてくるとのことでした。
皆さんもお子さんと「プチ・ピンチ」体験してみてくださいね。

また、会場ロビーには、野口健氏、残間里江子氏、木原実氏が自宅に備えている防災グッズが展示されていました。
永田さんが厳選した自宅避難グッズを詰め合わせた商品「災害イツモスターターキット<永田モデル>」の初お披露目も。

アボの活動のきっかけになり、ご指導いただいたプラス・アーツ永田さんの厳選グッズ! 来場者限定の受注会でしっかり予約しました。今後のアボの活動の際に展示して皆さんに見ていただき、参考にしてほしいです。

(かめちゃん)

- : - : 

スポンサーサイト

- : - :