NPO法人シーズネットワーク

イベントの告知・活動報告など最新情報をお知らせします

防災はじめのいっぽ(連光寺児童館)

「赤ちゃんや幼児がいる家庭の防災啓発プロジェクトABo(アボ)」
防災はじめのいっぽ 10月18日(木)

連光寺児童館の「赤ちゃんといっしょ ラウンドスプーン」のお時間におじゃましました。

最初に、参加者の皆さんに自己紹介をしていただき、自分がやっている防災について伺いました。
お子さんのためにオムツやベビーフードなどを備蓄しているが、それ以外はあまりしていないといったお話がほとんどでした。
水を備蓄しているという方はお一人だけ。
体の80〜90パーセントが水分である赤ちゃんにとって、水がないのは大変危険なことです。
多摩市も、市民に対して、3日分の食料と水の備蓄を積極的に推進しましょうと、地域防災計画で謳っています。
http://www.city.tama.lg.jp/0000002953.html

プログラムが終わった後、防災マップで地域の給水拠点を確認された方は、「こんなに遠いの(><)」とびっくりされていました。
皆さん、ぜひ、ご自宅の最寄の給水拠点を確認しておいてくださいね。
http://www.city.tama.lg.jp/0000002802.html

赤ちゃんが飽きてしまわないよう、「なまずさんのあそび歌」や「ダンゴムシのポーズ」など、赤ちゃんと一緒に体験するプログラムも交えながら実施していますが、
それでも30分という長丁場、熱心に耳を傾けてくださったママさんたち、ありがとうございました。

また、この日は連光寺小学校の3年生7名が職場体験に来ていたので、クイズの出題のお手伝いをしてもらいました。
地震のときに身を守る「ダンゴムシのポーズ」を小学生の皆さんは知っていて、一緒にやってくれました。
赤ちゃんにプレゼントする折り紙も用意してきてくれたのですが、折り紙の手裏剣…尖っているはずの角が円くなっていました。
「赤ちゃんがあぶなくないようにこういう形に折ってくれたのかな」とママさん。赤ちゃんを気遣う優しさを感じて心があたたまりました。
お手伝いいただいた小学生の皆さん、ありがとうございました。

かめちゃん & N

- : - : 

防災啓発(唐木田児童館、諏訪児童館)

「赤ちゃんや幼児がいる家庭の防災啓発プロジェクトABo(アボ)」

多摩市の児童館2館から防災啓発のご依頼を受けて、行ってきました!

・9/18 唐木田児童館9月の子育て講座 「ABoの防災講座〜赤ちゃんのいるくらしの中で〜」


 

・9/20 諏訪児童館 0歳児のつどい おしゃべり広場「赤ちゃんのいる家庭の防災」

9/6に北海道胆振東部地震があった後なので、みなさんの防災意識が高まっているのを感じました。

毎回お伝えしている停電対策やローリングストック法は、地震のときに限らず、台風・大雪・家族の体調不良など…外出できない時にも役立ちます!

今すぐ、家族に合った備えを!
(N)

- : - : 

青少年問題協議会第一地区委員会 子ども体験型防災訓練

平成30年9月22日(土)10:00〜12:00
場所:多摩市立多摩第一小学校
内容:毛布で担架・防災輪投げクイズ・紙食器作り・いろいろ給水袋体験

 

体育館で実施された「子ども体験型防災訓練」にお招きいただきました。
スタッフを含め総勢100名の小学生・幼児・大人の方の参加がありました。

「防災って何だろうね? いつ起こるか分からない地震・大雨・火事などから命を守る方法を知っておくことや、準備しておくことです。防災プログラムを体験して、みんなの「知ってる」を増やしてください。」と皆さんにお話ししてから、体験をスタート。
皆さん、楽しみながら、しっかり説明も聞いてくれました。

最後のアンケートでは、感想だけでなく沢山の質問もしてくれました。子ども達が自分のこととして考えてくれたんだと感激でした。今回がきっかけで、みんなが万全の準備をして、いざというときに困らないと良いなと思います。

事前の準備や当日のお手伝いなどで沢山のスタッフさんにもお世話になりました。ありがとうございました。

 

かめちゃん

- : - : 
  1/60P  >>