NPO法人シーズネットワーク

イベントの告知・活動報告など最新情報をお知らせします

おでかけひろば たまがわ いち・にい・さん

「赤ちゃんや幼児がいる家庭の防災啓発プロジェクトABo(アボ)」

2020年1月31日(金) 

二子玉川にある「おでかけひろば たまがわ いち・にい・さん」からご依頼をいただき、2日連続講座「子どもがいる家庭の 減災と避難を語る会」の2日目にお伺いしました。

1日目には、昨年秋の台風19号で実際に水害が発生した地域にお住まいの方から、避難の判断や避難所の様子を聞く時間もあったそうです。
参加者が被災を自分事として考える有意義な時間になったのではと思いました。

そして、2日目のテーマは「子どもを守るための日頃の備えが減災につながる」。
まずは、自分の住む場所はどんな所なのか、どんな地形なのか? ハザードマップや地震防災マップなどで調べておくことが大事ですとお伝えし、水害・地震、両方の話を入れながら、自分たちでできることをお話ししていきました。
集まってくださったお母さん・お父さん・スタッフさん、皆さん真剣に聞いてくださいました。

赤ちゃんと一緒に、2時間近くお母さん達と和気あいあいとお話できて、楽しい時間を過ごせました。
お声がけしてくださった、わいわいコミュニティ・たまがわの担当者様、ありがとうございました。

かめ

 

- : - : 

長谷工マンションミュージアム

「赤ちゃんや幼児がいる家庭の防災啓発プロジェクトABo(アボ)」

1月28日(火)、ABoメンバー4名と家族1名で多摩センターにある「長谷工マンションミュージアム」を見学しました。

お目当ては、企画展の「マンション防災展」です。
ネタバレになるので詳細には触れませんが…「この壁一面、参考資料として持ち帰りたい(笑)」と思ってしまうぐらい、素晴らしい展示の数々!
ここ数時間いられるわ…と思ったのは私だけじゃないはず。

そして、その先にある常設展示コーナー。
迫力満点の映像や集合住宅のあゆみ等を見学しました。
すべての展示を通して、やはり住まいと防災は密接な関係にあると再確認しました。

企業は現在の技術で最善を尽くして安全な住まいを提供してくれていることを実感できる展示でした。
その中を安全なものにできるかどうかは、住まう私たち次第ですね。

常設コーナーの見学は事前申込になっています。
詳しくは長谷工のご利用案内をご覧ください。
https://www.haseko.co.jp/hmm/guide/

あいにくの雨模様だったため、ビオトープを見ることができず残念でしたが、また日を改めて訪れたいと思います。

どんどん湧いてくるメンバーの質問に対して、真摯にご対応くださいました長谷工スタッフの皆さま、ありがとうございました!

レイチェル

- : - : 

令和元年度多摩市市民防災講演会

「赤ちゃんや幼児がいる家庭の防災啓発プロジェクトABo(アボ)」

2020年1月25日(土) 
令和元年度多摩市市民防災講演会に参加してきました。

<第1部>
「東日本大震災から学ぶ避難所運営の実態〜自助・共助(近助)の力〜」
仙台市地域防災リーダー・七郷地区防災アドバイザー・防災士
菊池 健一 氏

避難所の立ち上げからの実際のお話は、とても参考になりました。
予測できない事態が起こった時の人々の言動は、きっと都心で地震発生した時にも起こりうることと思えたから。

<第2部>
「今後の水害リスクに対する心構え」
東洋大学理工学部 都市環境デザイン学科
及川 康氏

昨年は台風19号で多摩市でも水害の危険が迫ったので、水害リスクをテーマとした講座は大変興味深かったです。
1時間では、初歩的なことしか学べず、知りたいことはもっともっとありました。

全体の感想としては…若い人の参加が少なかったのが残念でした。若い世代にも聞いてほしいと思いました。

かめちゃん

- : - : 

こぐま保育園あそぼう会「防災はじめのいっぽ」

「赤ちゃんや幼児がいる家庭の防災啓発プロジェクトABo(アボ)」

1/24㈮ こぐま保育園 あそぼう会にて、防災はじめのいっぽを開催しました。

今回は4組のママさんとベビちゃんにご参加いただきました。
ママさんたち、時折ハッとした表情をされたり、うんうんと頷いてくださったり…集中して聴いていただき、うれしかったです。
昨年の台風被害も記憶に新しく、自然災害は地震だけではないと皆さん意識されているのではと感じました。
給水拠点などにも興味を持って、掲示している防災マップの前で「遠い!」「ここ坂道だよねー!」とザワザワ。そうなんです…子どもが小さいからこそ、お水を多めに備えておくと安心ですよね。
本日が皆さんの防災の「いっぽ」になったらうれしいです。
寒い中ご参加いただき、ありがとうございました。

 

レイチェル

- : - : 

連光寺児童館 子育て講座「ABoの防災講座」

「赤ちゃんや幼児がいる家庭の防災啓発プロジェクトABo(アボ)」

2020年1月22日(水) 連光寺児童館 子育て講座
「ABoの防災講座〜赤ちゃんや幼児がいる家庭の防災」

連光寺児童館からのご依頼で、講座をを実施させていただきました。

給水袋に水を入れて持ってみるコーナーに「重いでしょう?」と言わんばかりに20リットルの容器を用意したのですが、軽々と持ち上げる児童館のスタッフさんやママさんがいてびっくり。
でもやはり…運ぶことと、使い勝手を考えると…、2リットルのペットボトル2〜4本くらいを、両手が空くリュックに入れるのがオススメです。

帰り際は、スタッフみなさんで見送ってくださいました。
館長の「ためになったよ。ありがとう。」の言葉に、「やっててよかった」と、ご褒美をもらった気分でした。

ありがとうございました!

中村

 

- : - : 

諏訪児童館 0歳児のつどい おしゃべり広場「赤ちゃんのいる家庭の防災」

「赤ちゃんや幼児がいる家庭の防災啓発プロジェクトABo(アボ)」
2020年1月16日(木)
諏訪児童館 0歳児のつどい おしゃべり広場「赤ちゃんのいる家庭の防災」

 

防災講座のご依頼を受けて、行ってきました!
想定していた参加人数を大きく上回り、いつもより広いエリアから参加者が集まっている様子。
昨年NHKで放送された防災特集の番組を見たという方が何人もおられ、皆さんの防災に対する意識が高くなったことを実感しました。

後半の水容器を持ってみる体験や備蓄食品・防災用品のコーナーでは、いくつもの質問をいただきました。
できるだけたくさんお話ししたくて、ついつい早口になってしまいました。

かめ

- : - : 

Seeds Letter vol.55 発行

広報紙‘Seeds Letter’vol.55(A4×4ページ)を1/1に発行しました。

多摩市内公共施設(公民館など)に置いてありますので、お立ち寄りになる機会があれば手に取ってみてくださいね。
郵送ご希望の方はメールでご連絡ください。無料でお送りします(継続的に購読いただく場合には‘お知らせメンバー’への登録が必要です)

 
<vol.55 主な記事>
☆今年、一番楽しみなこと、な〜に?
☆永山公民館市民企画講座
  「エンジョイ!これからくる子どもの思春期なんてこわくない」開催報告
☆親子で防災プログラム体験「あそんで防災」開催告知
☆赤ちゃんや幼児がいる家庭の防災啓発プロジェクトABo 秋の活動報告  
  ABoの防災講座
  防災講座「時短簡単!災害食〜トイレの備えも忘れずに〜」
  防災訓練
  防災はじめのいっぽ 
☆第5回「八ヶ岳南麓フェア」開催報告
☆地元農家さんとの交流会「古民家のかまど炊きで新米を食べよう!」開催報告
☆今年も「たま食育フェスタ in せいせき」に参加します

 

 

- : - : 

アボ定例会(12月)

「赤ちゃんや幼児がいる家庭の防災啓発プロジェクトABo(アボ)」
12月2日(月)13:00〜14:30 12月定例会を開催しました。

1月には児童館や広場で防災のお話、
3月には恒例の(?)イベント計画中〜! チラシができましたら、お知らせします♪

今週の首都直下地震がテーマのテレビ番組の話から、避難所ってどんな場所?、避難のタイミングって…?などなど、おしゃべりは尽きず。

防災について、喋って、イメージして、情報更新しています。
ご興味ある方、ぜひご一緒に話しましょう。
(myo)

 

- : - : 

バオバブ保育園 おやこサロンびーだま

「赤ちゃんや幼児がいる家庭の防災啓発プロジェクトABo(アボ)」

11月7日木曜日  13:00〜13:30
バオバブ保育園 おやこサロンびーだま

アボが、児童館や保育園などで、赤ちゃん連れの親子向けに実施している30分程度のプログラム‟防災はじめのいっぽ”。今回も、クイズやあそびうたを交えながら、「これなら今すぐできる!」と思える防災のヒントをお話ししました。

 

地震による落下物から赤ちゃんを守る「ダンゴムシのポーズ」

 

こちらの地域は、先月の台風19号で避難指示が出た地域でした。

参加者の中にも避難所に行かれた方が数名いらっしゃいました。
避難所によって、対応は一律ではなく、例えば飲食物の配布については
「クラッカーと水が配られた」「クラッカーが配られたが水はなかった」
「飲食物は配られなかった」など、さまざま。

他にもお話を伺うと…

・避難所は床が埃っぽかったので赤ちゃんを床に下ろすのに困った。
・シートを持っていけば良かった。
・スリッパやマスクが必要だった。
・人が多いので暑かった。着替えがなくて結局家に帰った。
・トイレが汚かった。
・同じ空間に大きな犬がいた。
・子連れだったので小部屋にしてもらった。
・車で来る人が多かった。

など…貴重な体験談をお聞きすることができました。

今回の台風で感じたことは、川がいつどこで氾濫してもおかしくないということ。
多摩市内にも水害が予想される地域があるので
震災だけでなく、水害についてもシミュレーションしていく必要があると思いました。

どんな災害でも 共通してする大切なことは…
‘想像する’こと。
それが 防災のはじめのいっぽ だと思いました。    (ゆ)

- : - : 

アボ定例会(11月)

「赤ちゃんや幼児がいる家庭の防災啓発プロジェクトABo(アボ)」
11月5日(火)10:00〜12:00 11月定例会を開催しました。
先月は、私たちが主催する防災講座の開催に加え、各所からご依頼いただいた防災ワークショップや防災訓練などもあり大忙しでした。みんなであれやこれやと報告。
2011年の活動開始から8年目。アボメンバーで頑張ってきたことが皆さんのお役に立ってきて嬉しい限りです。
今月は、初の試みになる保育園の親子広場での「防災はじめのいっぽ」を実施します。
その後も年度内に、児童館での防災ワークショップや毎年恒例になってきたグリナード永山での防災イベントなどなど…。みんなで頑張ります。 (かめちゃん)
- : - : 
  1/40P  >>